ウクレレ専門ショップ 【アカラ】 ハワイ・米国本土から直輸入!

カートの中身

カートの中に商品はありません

カートの中身を見る

メールマガジン


店長コーナー

店舗責任者  山崎

いらっしゃいませ
ウクレレショップアカラへ
アカラとはハワイの言葉で『太陽』

ウクレレはその音を奏でるだけで
周りのみんなを幸せな気持ちに
してくれる不思議な楽器。
そう、まるで『太陽』みたいに。
どうぞごゆっくりと
ご覧下さいね。



会社設立 大阪市
スタッフブログ

モバイル

Feed

このエントリーをはてなブックマークに追加

S・R・C−ショップランキング−
ショップベルのウクレレ通販

NetShopRanking
BSR

 

ウクレレヒストリー


 
ハワイの夜

トロピカルライン
 

 

ウクレレの歴史


 
ウクレレはハワイの楽器。

しかし、その源流は明らかにヨーロッパにある。
19世紀後半、ウクレレはポルトガルからはるか海を越えてハワイにやって来た。


正確にいえば、まだその時はウクレレと言う名前ではなかった。
当時ハワイ王国はサトウキビ畑の労働力として世界各国からの移民を受け入れていた。
ポルトガルもその一つ。
1878年マデイラ島の港から419人のポルトガル移民を乗せて出港した船の中には
マニュエル・ヌネスとオーガスト・ディアス、ホセ・ド・エスプリト・サントという3人の職人がいた。


翌年8月、長い航海の果てにハワイに到着した彼らは直ぐに店を開き、
ハワイの木材『コア』を使ってブラギーニャという故郷の楽器を作り始める事にしたのだ。
それが今日までハワイの楽器として親しまれているウクレレの始まりだと言われている。




                           ブラギーニャ
                           ブラギーニャ


ウクレレ(の元になるブラギーニャ)をはじめてハワイの人々に披露したのも
ヌネス達と同じ船に乗っていたホアホ・フェルナンデスという演奏家だと言われている。
故郷の収穫祭のように、新天地への到着を神に感謝しブラギーニャを奏で皆で踊ったという。
ホノルル港でそれを見ていたハワイの人たちも大喜びだったそうだ。
それぞれの職人が改良を重ね、マニュエル・ヌネスが「NUNES UKULELE」を立ち上げるなど、
ハワイ独自の楽器「UKULELE」として確立していく。


その後、1911年にクマラエがウクレレの生産を始め、1915年のサンフランシスコで開催された
「パナマ太平洋博覧会」でクマエウクレレが金賞となり、
アメリカ本土にもウクレレが渡り、ハワイアンブームが起きていく。


1910年代後半からC.F.Martin社がマホガニーを使いウクレレを生産し、市場に参入します。
そしてハワイでは1916年にカマカ社が設立され幾多のウクレレが生まれ、
今でも素晴らしいウクレレを作り出しています。




   
                       m.nunes
                            マニュエル・ヌネス



ちなみに100年後の1979年には3人の職人とブラギーニャがハワイに到着した日、
つまり1879年8月23日をウクレレの日と定める州政府の式典がマニュエル・ヌネスの
孫にあたるレスリー・ヌネスを招き盛大に行われたという。


考えてみれば不思議なことだ。おそらく太平洋の真ん中に浮かぶハワイには
今までいろんな楽器が入って来たはずだ。
それこそ世界中のあらゆる国から。その中でなぜウクレレがハワイに根付いたのだろう。
色んな考察は可能だ。アメリカにおけるブームも含めて、時代背景を考えると
偶然に偶然が重なった事もあるだろう。
しかし、重なり合う偶然はすでに必然なものだと僕は思う。
ハワイは自分たちに最も相応しい楽器を手に入れたのだと。






トロピカルライン

 

ウクレレの名前の由来





さて、ウクレレという名前はどうして付いたか、その命名にも諸説がある。


兵役を終えてハワイにやって来たイギリス軍人エドワード・パーヴィスは
ブラギーニャに興味を持ち、直ぐにマスターした。
彼はしばしば群衆の前でウクレレ演奏を披露し、喝采を浴びていたらしい。
小柄なエドワードが演奏する姿を見た人たちが親しみを込めて「飛び跳ねる蚤」
つまりUKU(蚤)、LELE(跳ぶ)と呼んだのだという説。


別の解釈によると、かのホアオ・フェルナンデスの素早い指の動きが
飛び跳ねる蚤を思い起こさせたという説もある。


カラカウアの妹でハワイ王朝最後の女王となったリリウオカラニは
もっと独創的な解釈をしていたそうだ。
UKUには「贈り物」や「支払い」という意味もあったし、
LELEには「やって来る」という意味もあったから「到来した贈り物」、
つまりポルトガルからハワイへの贈り物、という意味なのだと。
王室らしい気品のある解釈である。


前述のエドワード・パーヴィスは宮殿にもよく通っていたというから、
そこでもウクレレを披露したに違いない。
時のデビット・カラカウア王はウクレレをたいそう気に入り、
イオラニ宮殿内で自ら演奏したという。



                       カラカウア王
                         デビット・カラカウア王


当時、王は宮殿をハワイ文化の中心としようと、
毎晩のように色々な人を招待して晩餐会を行ったというから、
彼の推奨はウクレレにとって大きな力になったに違いない。
とにかく事実として、ウクレレはハワイ諸島にやって来るや否や、
あっという間にハワイの人たちの間に広まって行ったのである。




                     Ukegirls
 
出典: 関口和之著 新ウクレレ大図鑑
  (株)リットーミュージック2010年


トロピカルライン

 

ピックアップ商品

ショップからのご案内